2009年05月31日

きょうのプチまね(20090601)

こんばんは。

きょうは、どんな一日でしたか?


逃げも隠れもせずに、挑んでみました。

カラダカラ未来体重 あなたの10年後の体重は?

えー、10年後の綺亜さんは、
130kgらしいですが何か(爆)

いや、エンターテイメント要素を含んでいるようですけど、
それでも10年経ったら0.1トンに突入ですか。

まあ、今年の頭より3kg程、体重は増えているので、
着実に歩みは進んでいるようであります(汗)

頑張んなきゃ(何を?)


あしたから、6月。
個人的に5月はいろんなことがありまして、
このひとつきが、半年位に感じた、
そんなひとつきでありました。
水星逆行も終わったし、
6月はやりますよ、オイラは(笑)

NHK-FMで流れている、
忌野清志郎さんの追悼番組を聴きながら、
あれこれ思った夜でした。


6月1日の「プチまね」です。

-------------------------------------------------

調子がよいのと、調子付いてしまうことは、
同じベクトル上にあるエネルギーの使い方ですので、
ついつい調子に乗ってしまうことは、
調子付いてしまうことに繋がってしまいます。
きょうは、車の点検のように、自分のアクセルとブレーキの、
「調子」を確かめることで、6月をスタートさせましょう。

-------------------------------------------------

それでは、あしたもステキな一日でありますように。


←記念に押していってくださいませー

2009年05月30日

きょうのプチまね(20090531)

こんばんは。

きょうは、どんな一日でしたか?


前から楽しみにしてた公演に足を運んできました。

伊東四朗一座・熱海五郎一座合同公演
「喜劇 日本映画頂上決戦〜銀幕の掟をぶっとばせ!〜」


久しぶりにお腹から笑いまくりました。

伊東四朗
三宅裕司
渡辺正行
ラサール石井
小宮孝泰
小倉久寛
春風亭昇太
東貴博
中村メイコ
小林幸子

とまあ、これだけの面子が集まれば、
面白いには決まってる筈です。
その皆が本気でバカなことをやってる姿が素敵でした、
(伊東さんは72歳、メイコさんに至っては御年75歳にあらせられますぞ)
その72歳が、白塗りして「ニン♪」と微笑んで、
会場の笑いを取っているというのが素晴らしいじゃありませんか(笑)

で、上記メンバーを見るに、
やっぱり期待するのは「コント赤信号」が集っているということ。
やるかとは思ってましたけど、
ガチでやってくれました(笑)
観客もその場面が特にウケてましたっけ、
私もそれが一番印象に残ってたりして(笑)
あとは、小林幸子さんと言えばの衣装(と、言うより舞台装置)と歌唱を、
目の前で観られたのが感激でありました。

で、小倉久寛さんは、普通のことをしてるだけで、
笑いが取れるというのが素晴らしいです。
30cmの高下駄履いて、身長を高く見せてるだけで、
なんで、あんな面白いんだろ?(笑)

他のメンバーも適材適所でありましたし、
三宅さんと、東MAXのツッコミ&仕切りも光ってました。
二時間以上の好演の割りに、
こざっぱりとした印象を感じるというところが、
Thisis 東京喜劇ですね。よござんした。


しかし、今月はやたら渋谷〜青山に縁がある「ひとつき」でしたなぁ…(独り言)

※Web拍手メッセ、ありがとうございます。
「後回し」にしてた方、やっちゃいましょ(笑)
応援してますからねー。


5月31日の「プチまね」です。

-------------------------------------------------

あれこれニュースに事欠かなかった5月も終わりです。
そして31日、毎月恒例の今月の反省会の一日です。
今月の「ひとつき」にお疲れ様と、
来月の「ひとつき」に希望と理想を捧げましょう。

そして今月のポイントは、
「何を成し、何を成せなかったか?」
ということです。
足りない感じが来月への歩みを進ませるのです。

-------------------------------------------------

それでは、あしたもステキな一日でありますように。
そして、来月がステキな「ひとつき」でありますように!


←記念に押していってくださいませー

今週のまねきねこ(2009年06月01日〜06月07日)

こんにちはです。

6月、梅雨の季節になってきましたね。
雨は天からの恵みと言えども、ジメジメ、ムシムシは、
やっぱり、鬱陶しい気分になりがちであります。
ええ、わかってます、紙とペンだったら、
「鬱陶しい」なんて漢字は書けませんったら(汗)

まねきねこもジメジメ、ムシムシは苦手…
気分だけでもカラっといきたいものです。
で本日もまた、オチも付けられないのは、
頭脳がカビてるから…いや発酵してるって言ってよっ(涙)

そんなこんなで、菌々ケロンパ(R40指定ギャグ)
シャボン玉まねきねこの今週の運勢、いってみましょー。

-------------------------------------------------

世話焼きまねきねこの 今週のタロット1枚斬り
(ここでは12星座共通のメッセージを掲載しています)

今週は「状況に甘んじない」
というようなカードが出ました。

ホロスコープの流れをつらつら見ていきますと、
太陽は双子座を運行中、乙女座の土星と(先週末辺りからなのですが)関係を組みます。
このところ太陽は他天体との関係性が薄かったのですが、
先月中旬から順行になった土星と、取り分け6月7-8日辺りは、
射手座にいる月と三角関係となりますので、
ガンガン揺れていきながら、地固めや、現実の確認や、
それらを思い知る(よくもわるくも)機会がこの時期という感じがします。
甘さや、不埒な気持ちを断ち切る(けど葛藤は激しそう)ということなのかなと。

先週末順行に転じた牡牛座水星は、水瓶座木星、逆行海王星に捕まったままです。
土星軍団が現実への振り落としを図る反面、こちらは現実にあわせようとすると、
それをブチ壊したり、非現実的方面に流れて行きがちな流れです。
こちらも「揺れ」が強調されている感じがします。

火星金星が、牡羊座→牡牛座へ順に入っていきます。
山羊座の逆行冥王星と(牡羊座にあるころから既になのですが)
関係性を組んでいきます。
恋愛面などでは、これまでの思考錯誤や、努力の成果が、
不可避的な結果を生み出していくというような感じがします。
よくもわるくも結果を後押しする、フォローしていくというような、
イメージがありますので、よければそれの後押し、
そうでなければ、何かしらの「気付き」の後の再生、
そんな流れが見受けられます。
その結果を受け入れることによって、次への進展を、
見込んでいく、そんな感じがします。

今週は、「迷いながら育つ」という側面と、
そこで立ち止まらず、止まらない現実に向かい合い対処していくという側面とが、
それぞれ強調されているような感じがします。
日常生活に支障をきたすまでに考え込んでしまったり、
迷路に入ってしまうことは避けなければならないでしょうが、
安泰することに固執せず、揺さぶってみることで、
打開策やある種の図太さを構築していくようなマインドであれば、
今週は「使える」週になるのでは、と思いました。

それらの流れの中で、今週のカードは…

・ ひとりでしなければならないことと、ひとりではできないこと、
ひとは両方の課題を持っているものです。

・ 誰かがやってくれると思ってばかりのこと、
自分がしなければと思い込んでいることはありませんか?

・ 逃げてはいけないことからは逃げないことです。

と、語ってくれているように感じたのでありました。

今週も、よい週でありますように!

-------------------------------------------------

12星座それぞれの運勢まねきねこ
(各星座別の星占いです)

-------------------------------------------------

○牡羊座 (3/21〜4/20)

受検勉強を頑張るのは、いい学校に入るためだとして、
いい学校に入りたいのは、いいところに就職するためだとして、
いいところに就職したいのは、安定して裕福な暮らしをするためだとして、
安定して裕福な暮らしをしたいのは…はて何のためでしょう?
単に不安になりたくないからなのでしょうか。

今週の牡羊座さんは、いくつかの堂々巡りを繰り返しながら、
自分自身が一番「腑に落ちる」スタンスで歩みを進めていく、
そんなプロセスを辿っていくようなことがありそうです。

先週も、「何のため」みたいなことは書きましたけど、
その「何のため」は突き詰めていけばいくほど、
段々何だかわからなくなる、なんてことにもなったりします。
多くの人は大抵、ほどほどのところで自分を納得させて、
そのスタンスを基準として歩みを進めていくのだと思いますが、
牡羊座さんは、自分の現時点での「ちょうどいいスタンス」を、
この時期、身にまとってそれを規範としていくことを、
考え、ときに悩みながら「このへんかな?」と、
思うところで、自身の中にある、
漠然とした不安を解消するというような流れになっていきそうです。

ロールプレイングゲームでは、
いきなり強い武器を手に入れることはできませんし、
強い相手に立ち向かっていくには、
多くのたたかいや経験を積まなければなりません。
そこには「ズル」がききませんし、手順を踏まなければなりません。
まだ現実の方が「ズルがきく」と言えるかもしれませんが、
今週の牡羊座さんは、自分自身の歩みの中で、
「段階」が必要ということを知ることで、
「今の私はここ」であることを認識して、
「けどこれから先の世界は自分で作っていくものなのだ」
というモードへと入っていくのではないかと思いました。

まねきねこ的アイテム

おもちゃ屋さん、ドライヴ、観光地

まねきねこのひとこと

「自分なりの道」を行けばいいのです。

-------------------------------------------------

○牡牛座 (4/21〜5/21)

仕事などで、前倒しという言葉がありますね。
予定よりペースや日を早めて処理を行なうような意味合いです。
急に予定日が早まって、
大慌てで前倒しを図らなければならないこともありますが、
先のことを考えて早め早めに作業しておいて、
後に余裕を持たせようという類の前倒しもあったりします。
できれば後者の前倒しの意味で、
日々の仕事や作業が進んでいけばいいんですけどね。

今週の牡牛座さんは、これまで多少歯車が噛みあわなかったり、
気力や体が追いついていかないような流れから、
何かを取り返すかのようなエネルギーが充填されていく、
というようなことがありそうです。

これまで苦手意識を持っていたり、後回しにしていたようなことがらも、
「やっておかなければならないのだったら、先にやってしまっておこう」
というような意志が強まったり、
「いけるときに、いけるところまでいっておこう」というような、
前倒し感も強まってくるようです。
それは、生きている実感を確かめるようなことにも似ているような感じがします。

その、甘いも辛いもごっちゃになったようなエネルギーは、
忙しさや、ぶつかり合いや、戸惑いや、せめぎ合いなども、
成分として含まれているのかもしれませんが、
ペース配分や、着実性といったものを重視する、
いつもの牡牛座さんには無い前倒し感が今週は優先される、
そんなことがありそうです。そしてそれでOKなのだと思います。

まねきねこ的アイテム

水辺、歴史的建造物、DIYショップ

まねきねこのひとこと

前後左右くらいはキチンと「こころの指差し確認」をしておきましょう。

-------------------------------------------------

○双子座 (5/22〜6/21)

企業、雇用や、経済、政治などのニュースなどから、
このところ聞こえてくるキーワードは、
「儚さ」、というような感じがしてきます。
いつまでも、すべてのことが変わらず安泰というわけでは無く、
そもそも、人の生命自体(スピリチュアルな話は置いといて)
永遠を約束されたものではありません。
そこから人が学べるものは何なのでしょうか。

今週の双子座さんは、過去何度か直面した「現実」に、
再び直面した上で、その「現実」が、
以前に直面したときの印象と移り変わっていることを、
実感した上で、ある種の「儚さ」を感じていくようなことがありそうです。

親の年老いた姿に気付き、
「ああ、昔はよくケンカしたり憎んだこともあったけど、
最近は優しくなったきたよね…」
みたいな感慨を覚えたりすることは、
年齢を重ねていくと、誰しも実感することでしょうし、
ときには虚しさに似た気持ちさえ感じたりするものですが、
そこでひとつ学べることがあるのだとしたら、
親への慈しみ、愛おしさであり、それまで見過ごしてきたものへの、
「やさしさ」が芽生えてくるということではないだろうかと、
考えることがあります。

今週双子座さんが、感じるであろう「儚さ」は、単に悲しいという気持ちではなく、
かつてはぶつかり合ったり、単純な好き嫌いでしか、
判断し得なかったようなことを、俯瞰的に捉えることができて、
その対象を冷静に、かつ理解を込めて判断し得るようなベクトルへと、
自分を成長させていく気持ちのひとつの段階なのだと思います。
それはある意味「深い」気持ちであり単純にいい悪いで、
捉えることのできないことでありましょうが、
それは、確実に成長や気付きを齎してくれるものだと思います。

まねきねこ的アイテム

公園、日傘、野菜サラダ

まねきねこのひとこと

優しさを捧げられる人になれる、そんな週になりそうです。

-------------------------------------------------

○蟹座 (6/22〜7/22)

いっぱいいっぱいになれば、当然視野は狭まります。
一日の始まりや、休み明けに「心穏やかに、広い視点で生きていこう」
みたく思ってても、ついついどこかで視野の狭い自分に、
気付いて、「いかんいかん」と思ってしまうことは、
誰しも一度ならず経験されたことはあるでしょう。

今週の蟹座さんは、自分の視野が広い狭いなどを考える前に、
自分自身の「視野」そのものに、
着眼していくようなことがありそうです。

自身の中でどこか張り詰めていた空気が、
徐々に穏やかな感じへと変移していく流れと、
例えば、当事者であったり、渦中であったり、
そういう流れの中では気付かなかったことが、
気付くようになってくるようでもあり、
その中で、自身がこれまで見てきた「視野」というものが、
一体何を見てきたんだろう、何に着眼していたんだろうということを、
考えていったり、ものごとの一部分だけでなく、
いわば「こころの眼」みたいなもので、
ものごとを捉えていくことも大切なんだ、ということに、
想いを馳せていく、そんなことがありそうです。

色眼鏡というものがあります。これをかけて世の中を見てしまうと、
どんなに広い視野を持っていても、その色眼鏡のフィルターを通してでしか、
見られなくなってしまったりするものなのですが、
今週の蟹座さんは、自分のこころの中に巣食う、
色眼鏡の存在と相対して、向かい合っていく中で、
その「視野」を全面的に見つめなおしていく、そんな週になりそうです。

まねきねこ的アイテム

除菌、ヘッドフォン、財布の中の整理

まねきねこのひとこと

気も、手も抜かず、力は抜いていきましょう。

-------------------------------------------------

○獅子座 (7/23〜8/22)  

社会上与えられた、「立場」や「役割」によって、
その人の立ち居振舞いや性格、雰囲気は大きく変わっていきます。
売れてる芸能人は売れてない頃よりは明らかに、
「売れてる」顔や雰囲気を醸し出していたりしますし、
同僚が平社員から係長に、課長にと昇級していくにつれ、
なんとなく態度が「それっぽく」変化していった、
というようなことを経験された方もいらっしゃるかもしれません。
自分自身が与えられた肩書きに応じた、役割を演じること、
これがある種、「社会的役割」を担うこと、といってもいいのかもしれません。

今週の獅子座さんは、自分自身の「役割」を認識すること、
ここに焦点があたっていくようなことがありそうです。

社会的に要求されている「役割」と、
自分自身が社会で果たしたい「役割」とが、
合致しているのでしたら、個人の中で矛盾は無いでしょうが、
ときに社会的立場と、自分の望んでいる立場に、
ズレが生じるということを、人は多々経験したりしています。
若い頃、目指していたミュージシャンを断念して、
普通に会社勤めをしているというようなことだったり、
家事、育児に専念したいけど、経済的理由で、
社会人としての生活を余儀無くさせられていることであったり、
そこまで大きな差異でなくても、人と接するのが苦手なのに、
イヤイヤ営業職をさせられていたり、
自分の器ではない町内会長を仰せつかってしまったり、
なんてことはさほど珍しく無い光景であります。

獅子座さんは、今週、社会的に与えられている立場、
自分自身が望んでいる立場、双方のことについて、思いを巡らし、
抗うことのできない現実への理解と適応、
それと別ベクトルで、自分の欲求を、
どのように解消、昇華させていくかということも、
諦めずに、画策を働かすという行為へと駆り立てるような、
モチベーションや、きっかけが与えられるような感じがします。

それは、その欲求のためには、何が足りないかということを、
図らずも知るということにもなりそうなのですが、
例えば、「足りなければ、得ればいい」という至極簡単な結論であったり、
「今はどう考えてもできないことだけど、これだったらできるかも」
といった、代替策などをこうじていくことで、
自分自身の欲求を満たす方向性へ進むことだともいえると思います。
今週は、そんな「建設的なせめぎあい」を図るような週になりそうです。

まねきねこ的アイテム

フレッシュジュース、サボテン、小劇場

まねきねこのひとこと

自分のこころだけは、最終的には裏切れないものです。

-------------------------------------------------

○乙女座 (8/23〜9/23)

頑張っているからには成果や結果、見返りが欲しいというのは、
当然の欲求であり権利であったりします。
お金の貰えない仕事、愛されている実感を得られない愛、
生きがいの無い日々に、進んで身を投じる人はそういないでしょう。
頑張ってても、何も得られないということは、とても悲しいことです。

今週の乙女座さんは、今まで、そして今現在、
自分自身の頑張りや行為が、どういうものであるかという、
答え、採点、あるいは中間結果のようなものを、
窺い知るというようなことがありそうです。

それらに対して、「まだ続けていて大丈夫だよ」とか、
「ちょっと状況を変えた方がいいかもしれない」という類のきっかけを、
好むと好まざると、聞こえてくるというようなこともありそうなのですが、
伸ばすべきもの、整理すべきものの方向性が、
理解、認識されるということによって、
無闇な部分、無駄な要素が減り、
今の乙女座さんは、いったい何を見つめていくべきなのかという、
ガイドラインがこの時期、与えられるようなこともありそうです。

今週は、理路整然さが感じられないような、
けど、どこか理論付けた実感を得たいというようなテーマに於いて、
ひとつの道しるべのようなものができていくのではないかと思います。
そして、それらに責任や義務が覆い被さってくることも否めない可能性がありますが、
キチンと実感できたものについては、今の乙女座さんは、
しっかりと事実を受け止めて、「頑張るべき理由があるから頑張る」、
というスタンスに立てるのではないか、と思いました。

まねきねこ的アイテム

重ね着、フライドチキン、縫い物

まねきねこのひとこと

使える条件は有効的に使って、得られるものは貰ってしまいましょう。

-------------------------------------------------

○天秤座 (9/24〜10/23)

バンドやグループのルックスや醸し出す雰囲気を見ていて、
ヴォーカル担当の人はやっぱり「ギターっぽい」感じですし、
ドラムの人はやっぱり「ドラムっぽい」な、
なんてことを感じた経験はありますでしょうか?
まあ、ルックスでパートが決まるわけでは無いので、
「〜っぽい」ってのも結構いい加減なものなのしょうが、
そのパートに応じた、モチベーションや意識が、
当人の雰囲気を形作るなんて視点で、
バンドの方々のお顔を拝見しても面白いかも、なんて考えたりもします。

今週の天秤座さんは、今現在、自分が所属している場や、
人間関係に応じた、自分自身の個性を打ち出すということに、
関心が置かれるような気がします。
反面、その関係性が何かと纏わりついてきて、
やむを得ずその場にひとまずは腰を落ち着けて、
その中で自分自身を頑張ってみるかというような、
ある種の妥協心から、
そのような関心が生まれていくようなこともありそうなのですが、
いずれにせよそれは、自分の個性を周囲に合わせるというより、
周囲の中で自分の個性を打ち出すという能動的な感じなのだと思います。

バンドという組織が面白いのは、
ひとつの音楽という形を一致団結して作り上げるために、
それぞれの個性を打ち出していくというところにあるのだと思います。
そこには独り善がり過ぎる判断であったり、人任せ的な考えであってもいけませんし、
個性と組織性を、上手に考えていかなければならないところがあります。
そんな感じで、今週の天秤座さんには、
自分の個性も、他者の個性も批判することなく、
それぞれを尊重して、個人の、またいまいる場に於いての、
やるべきテーマに頑張っていくような姿勢が、
生まれてくるような感じがするのです。

まねきねこ的アイテム

昆布、手洗い、靴下

まねきねこのひとこと

臨機応変的な「主張」がモノを言うときです。

-------------------------------------------------

○蠍座 (10/24〜11/22)

年齢を重ねていくと、当り前のことですが、
自分より年下の人間が増えてきます。
そうすると、かつて教えられていた自分が、
教えている自分になっていたり、
育てられていた自分から、育てている自分になったり、
誰かに頼ってい自分から、誰かに頼られる自分になっていたり、
ということになっていた、なんてことに気付いたりします。

今週の蠍座さんは、
自分自身の不備を指摘されたり、逆によいところは褒められたり、
そして、教えたり、教えられたりといった、
当り前の人間関係の中で、改めて自分と人との関係とは、
ということに想いを巡らすというようなことがありそうです。

この時期、蠍座さんには、ちょっとした「スキ」ができます。
それは「立ち入ることのできる隙」みたいなもので、
普段だったら、ある程度ガード、防御できる類のものなのでしょうが、
無意識的に、開かれたその隙というものが誰かに気付かれ、
そしてそこを狙って、立ち入ってくる人が現れるような感じがします。

人は知らず知らず不都合であったり苦手な部分に対して、
巧妙にガードをかけていく癖がついてきます。
そしてその部分は、守られているが故に育つことなく、
いつまでも未成長の感情として燻り続けていくので、
ときにコントロールできない「激情」として、
自分自身も人にも危害を加える可能性もあったりします。
今週、人から教わるということはそんな部分への、
立ち入り検査のようなものなのかもしれません。

それは、以前だったら教えられてたことであり、
今になっては、なかなか教えて貰うことが少なくなったことなのかもしれません。
そんな週になりそうです。

まねきねこ的アイテム

サングラス、和服、窓

まねきねこのひとこと

それは受け入れてしまえば、案外ラクなものなのだと思います。

-------------------------------------------------

○射手座 (11/23〜12/21)

「粗にして野だが、卑ではない」と言う言葉を、
何から読んだか聞いたのか忘れてしまいましたが、
いい言葉だな、と思います。
見てくれやペルソナ、お為ごかしで、
いくらでも人というものは、取り繕うことができましょうが、
その人が持っている「こころざし」というものは、
誤魔化しや、虚勢を張ったところでボロが見えてきてしまう、
その人の本当の魅力を表すものでもあるのでしょう。

今週の射手座さんは、自分自身の「こころざし」というものに、
焦点や関心が注がれるようなことがありそうです。
人はパンのためだけで生きているものではありませんが、
反面パンのために生きているという部分も否めません。
お金だけが人生じゃないというのは簡単ですが、
そのお金ひとつでいとも簡単に人生が変わってしまうことも事実です。
そのために働き、そのために何かを犠牲にしたり、
そのために争ったり、何かを傷つけることだったります。
けど、「あなたにとって人生とは?」と尋ねられて、
お金ですとか、食い扶持を繋いでいくことですという答えは、
返ってこないでしょうし、だからといって「人生とは?」と聞かれて、
すぐさま「○○だ!」みたく返せる人も、なかなかいないでしょう。
今週、射手座さんは、この「○○だ!」に挑もうとするようです。

そのためにパンだ、お金だという「雑務」に関わり、
体や精神を行使していく中で、
鉛筆削りで鉛筆を削るかのように、自分にとっての「○○だ!」を、
考えさせられ、そこから本来自分自身が持っていた、
「こころざし」の存在と向かい合うというような感じが訪れてくるかもしれません。
その粗にして野である現実の中から、
自分自身の「卑」ではないこころを汲み取っていくようなプロセスを、
今週の射手座さんは頑張っていくようなことがありそうです。

まねきねこ的アイテム

ゆったりめの服装、ジンギスカン、笛

まねきねこのひとこと

自分の「良心」が味方です。

-------------------------------------------------

○山羊座 (12/22〜1/20)

一日にメールを、何通やりとりしてますか?
仕事や家族相手にちょこちょこ、という方もいれば、
恋人や同級生、友達相手とならば、
何十通もやりとりしているよ、という方もいるんでしょうね。
それに大していい顔をしない大人達もいるでしょうが、
考えてみたら、そういう大人達の中にも、
昔は毎日のように交換日記をやりとりしたり、
授業中に折ったメモ書きを渡しあったり、
なんてことをしてたりしてた人もいたりするんでしょうけど…。

今週の山羊座さんは、自分自身が、自分以外の誰かと、
或いは世の中と「つながっている」ということに関心や意識を、
寄せていくというようなことがありそうです。

自分自身の頑張りや、やってきたことを理解してもらうには、
どのように伝え、表現すればいいのだろうかということであったり、
周囲からのリアクションから、自分自身のこれまでが、
浮き彫りにされるようなできごとであったり、
そのつながりを通して、自分自身の存在価値や、
努力すべきこと、伸ばしていくべきことなど、
それらの意志を固めていくという、意識のやりとりが、
今週は成されていくようでありますし、
そこから、自分自身の努力が独り善がりではなく、
何かとつながっているという実感を得るようなことであるようです。

何かと、誰かと「つながっている」ということで、
人は心理的に大きな安らぎや存在価値を見出していきます、
しょっちゅう携帯電話でメールやネットでのやりとりをしている人は、
その「つながっている」実感を得たいからなのかもしれません。
今週の山羊座さんは、色々な形でそのつながりを求め、
それに対する返答によって、自分自身の気持ちを鼓舞していく、
というようなことがあるのでは、と思いました。

まねきねこ的アイテム

ゼリー、野球、パソコンの周辺機器

まねきねこのひとこと

やりとりに善悪はありません、
あるとしたら受け手のこころの善悪なのでしょう。

-------------------------------------------------

○水瓶座 (1/21〜2/18)

子供のころ、夏休みに多くの宿題、課題が与えられて、
最初のうちは、「一日これだけのペースでこなせば大丈夫」
なんて思いつつ遊びほうけてしまい、
気がついたらもう数日で二学期という状況で、
泣く泣く死に物狂いで、突貫工事のように宿題を片付けた、
なんて経験は、思い当たる方には思いっきり思い当たることでありましょう。

何故か今週の水瓶座さんのことを書こうとしたら、
この状況をふと、思い出しました。
いや、今の水瓶座さんが遊びほうけているとかいうことではなく、
今週の水瓶座さんは、ビシっとした、「喝!」
というようなエネルギーが自身の中に入ってくるような感じがしたからです。

やらなければいけないとある程度は気にかけていたり、
やろうやろうとは思っていても、
なかなかきっかけがつかめなかったようなことに
今週は、テコ入れが入って、所謂「火事場の馬鹿力」のような、
潜在能力、意識を活性化させるような感じやプロセスが、
水瓶座さんの中で起きるのではないか、と思いました。

「やる気」というものは、自分自身で作り出していくというよりは、
誰かの叱咤や指示、人の頑張りや鼓舞させられるようなきっかけで、
他動的に作り出されていくことの方が、案外と多かったりしますが、
今週は、そんな他動的エネルギーから、自分自身が「頑張らなければ」
というエネルギーが生成されて、自分で自分のハッパをかけるようなきっかけが、
生まれてくるような週になりそうです。

まねきねこ的アイテム

耳掃除、牛乳、つば付き帽子

まねきねこのひとこと

今週、周囲から与えられるものは、トラブルの意味の問題ではなく、
水瓶座さんの今に対する質問の意味の問題なのだと思います。

-------------------------------------------------
○魚座 (2/19〜3/20)

社会的な生活を円滑に進めていく上で、
決まりごとやルールというものは重要な役割を担っています。
そして今までのルールを超えた事例が発生した場合、
新しいルールが作成されていきます。
しかし無節操にルールが作成されていくことは、
道路標識だらけの道を進まねばならないような、
息苦しさを感じさせることもありますし、
「それまでルールで決めること?」みたいなことまで、
ルールを制定してしまうことだってあります。

今週の魚座さんは、個人を取り巻くルールや制約と、
個人の権利、自由意志というものの間で、
想いを巡らしていくようなことがありそうです。

たとえば、職場でどこまでが私語?みたいなガイドラインは、
ルールで制定すべきことでは無いでしょうが、
「私語禁止」なんてルールが制定されると、
どこまでが私語で私語でないかという意見や、
職場の潤滑油的会話さえダメ?みたいな、
「個人の意志」がそれに対する疑念を生み出していきますが、
魚座さんは、そのようなルールと、個人の間で、
可能な限りの建設的意見であったり、
個人の権利を認めてもらうといったような、
発展的なベクトルへと思考を推し進めていくような行動に、
でるような感じがします。

個人の意見は集団の意志によって、
押しつぶされたり、修正を施されることが殆どなのが事実です。
多数派の意志より、少数派の意見が優先されるのが、
世の常だったりしますが、
今週の魚座さんは、自分の意志を無闇に曲げることなく、
集団、周囲の中で自分を活かしていくと言う信念を持って、
相対していくようなことがあるのではないか、と思いました。

まねきねこ的アイテム

えんどう豆、絹製品、鈴

まねきねこのひとこと

そこにキチンとした意志付けがなければ、
それは「バナナはおやつに入りますか?」
という理屈と変わらないものになるでしょう。

-------------------------------------------------

今週もお付き合いいただきありがとうございました。
来週もよろしくお願いします。


←記念に押していってくださいませー
posted by 綺亜 at 10:00| Comment(0) | 今週のまねきねこ(週間占い) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

きょうのプチまね(20090530)

こんばんは。

きょうは、どんな一日でしたか?


このブログって「今週のまねきねこ」と、「プチまね」の部分以外は、
好き勝手に書きたいことだけを書いているので、
相当「わかる人にしかわからないネタ」ばっかりなんですね、ここ。
と、気づいた5月の金曜日ですが、いかがお過ごしですか?(大汗)
いや、そんなんばっかですいませんねぇと(笑)


で、こんなんが通販で出てるぞと。

さだまさしラジオ・ヴァラエティ

ちょっと阿漕?みたいな匂いもしなくはないけど(笑)
けど、買う人は買うでしょう、コレ。

今見たくポッドキャストも無く、
毎週せこせことテープで録音していたとしても、
ずっと取って置いてる人もそうは多くないでしょうし、
「びろーん」と伸びちゃったりもしてるでしょうから、
あのときの雰囲気を感じられる喜びは、
当時のリスナーのこころをくすぐるアイテムでありますね。
…さて、どうすべか、オイラ(爆)


※Web拍手メッセ、あれこれありがとうございます。
一日の報告をくださる方も、アドバイスありがとと言ってくださる方も、
「元気貰った」みたく書いてくださる方も、
嬉しく拝見しています。こちらこそありがとうです。
「雨上がりの空」の”風”繋がりで、
「トンネルぬけて」「風が強い日」のことを書いてくださった貴方にも感謝です。
どっちも名曲ですよね。
(この前の書き込みレスは貴方のことです♪、ブログのアドレス教えてくださいね)



5月30日の「プチまね」です。

-------------------------------------------------

人を見て「何でこの人は、凝り固まった考えしかできないんだろう?」と、
グチのひとつでも言いたくなった経験はありますか?
もしかしたら、他の人はあなたを見て、同じことを考えているのかもしれません。
人は、慣れ親しんだ考えや行動パターンが、
さもそれを「当たり前」のように考えてしまうところがあります。
今日は、人を「違うもの」としてでなく、何故人は自分とは違うのだろうかという、
そのこと自体に興味を持って、周囲に好奇心を働かしてみる、
そんな一日にしてみてはいかがでしょうか。

-------------------------------------------------

それでは、あしたもステキな一日でありますように。


←記念に押していってくださいませー

2009年05月28日

きょうのプチまね(20090529)

こんばんは。

きょうは、どんな一日でしたか?
こちらは、雨が強く降ってきました。


恥ずかしながら今の今まで、
この言葉の意味を知りませんでした。

それは…割烹(笑)

料理屋さんの看板に書いてあったり、
みたいな印象で何となく知ってるつもりでいましたけど、
意味は?と聞かれたら答えられない自分がそこに。

んでもって検索してみたら、にべもない回答が。

割烹とは

あれ…ふと思ったけど、
「かっぽう着」の「かっぽう」ってこの割烹?

ていうか割烹の語源って何?

と、物知らずのアホな夜が、
きょうもまた更けていくのでありました(汗)


5月29日の「プチまね」です。

-------------------------------------------------

運命を変える方法は、実はとても簡単です。
明日、10分早く起きてみましょう。
いつも乗る電車、バスより1本早いヤツに乗ってみましょう。
朝ごはんのメニューをいつもと変えてみましょう。
普段挨拶するのがイヤだと思う人に、こちらから挨拶してみましょう。
路上に落ちてる空き缶をゴミ箱に捨てるだけだとしても、
これだけで、「いつもの運命」を変えたことは事実なのですから。

きょうはひとつでも、
能動的な行動を起こすことができたのでしたら、
それだけで上出来だと思っちゃってください。

-------------------------------------------------

それでは、あしたもステキな一日でありますように。


←記念に押していってくださいませー

2009年05月27日

きょうのプチまね(20090528)

こんばんは。

きょうは、どんな一日でしたか?


磯子マガジンにて、
綺亜さん入魂の(笑)6月の星占い、掲載して…おりました。
入魂っつってるクセに掲載されてたのを忘れてました(爆)
よろしかったらご覧くださいませ♪


磯子マガジンへのリンク


他の記事も何気にディープになってきているところが、
ますます楽しみな磯マガさん(笑)
いつもありとうございます。


栗本薫さん or 中島梓さんの訃報…
グイン・サーガさえ途中で諦めてしまったエセ読者でしたけど、
「ぼくら」シリーズや、
70年代から80年代の間に吹いた、すきま風のようなものを、
切り取ったかのように綴られた数々の短編を読みながら、
体験し得なかった「あの時代」に、想いを馳せていたことを思い出します。

また、中島梓名義のエッセイが好きでしたし、
特に山藤章二さんの挿絵が入ったもの(題名忘れた)は、
高校のとき、よく読んでいたっけなぁ、
なんてことも思い出したりしました。

ご冥福をお祈りいたします。


きょう発売の「TV Bros.」誌に、
清志郎さんの特集がありました。
爆笑問題、太田さんのエピソードに泣き笑い。
スゴイよ、アンタって人は、ねえボス?


5月28日の「プチまね」です。

-------------------------------------------------

間違っていないことが、「正しい」こととは限りません。
主義主張とは、そのような意味合いでは無いでしょう。
きょうは、そんなことを考えてみてもいい日なのだと思いました。

-------------------------------------------------

それでは、あしたもステキな一日でありますように。


←記念に押していってくださいませー

2009年05月26日

きょうのプチまね(20090527)

こんばんは。

きょうは、どんな一日でしたか?

久しぶりに、本館サイトを、
更新したりなんかしちゃったりなんかしました(笑)
って、前回の更新が去年の11月ってさぁ(涙)

ということで、ネタ無しの言い訳がてら、
お茶を濁したりなんかしちゃったりなんかしちゃったりして(広川太一郎風)
本館サイト共々よろしくお願いしまーす♪

※Web拍手メッセ、いつもありがとうございます。
自分と向かい合っている貴方へ、
応援者が、ここにいますからネ♪


5月27日の「プチまね」です。

-------------------------------------------------

子供のころに見た夢を、今でも覚えていますか?
そのとき感じていた希望を今でも感じることはできますか?
あの頃の友達や、学校の人達とは今でも連絡はとっていますか?
住んでいた家や、場所は今はどんな感じになっているんでしょうか?
あれから、今、どこまで人生の旅を続けてきたんでしょうか?
これまでの旅立ちの道のりを消すことはできませんが、
新しい旅の道は、まだまだあなたが決めることができるのです。
きょうは、過去と今の道のりを、こころの中で辿ってみて、
新しい旅の道に、思いを巡らせてみるのにいいんじゃないかと思います。

-------------------------------------------------

それでは、あしたもステキな一日でありますように。


←記念に押していってくださいませー

2009年05月25日

きょうのプチまね(20090526)

こんばんは。

きょうは、どんな一日でしたか?


何年振り…いや、十何年振りでしょうか?

きょう、気が付いたら、手を上げて、横断歩道を渡ってました(爆)
いやいや、車の往来が激しい割りには、信号も無かったトコだったので、
コワイなと思ったからなんですけどね(笑)
渡り切った後で、「よい子」の模範のような、
ピッと手を上げてる自分に気が付いたときの、
自分が…ちょっとカッコいいと思いました(大汗)
OKベイベー、交通ルールは守ったぜ!(意味不明)

ベイベーといえば(笑)
Web拍手のメッセで、清志郎さんのことを、
書いてくれてる人がいらっしゃるのが、
結構嬉しかったりします。

そんで、思い出した話を。

「雨上がりの夜空に」という曲があります、
と書かなくても、誰もが知っている名曲ですね。

あの曲は、スタジオヴァージョン(通常知られている音源)と、
ライヴヴァージョンでは微妙に歌詞を変えて歌われています。
ライヴヴァージョンではスタジオヴァージョンに無い、
「雨上がりの夜空に吹く風が 早く来いよと俺達を呼んでる」
という一節が入っています。
(スタジオヴァージョンでいうところの最後のサビ前部分です)

元々はこの歌詞の部分も入って作られたのだけど、
レコーディング時に書き直しを指示されて、
あのスタジオヴァージョンになったのだとか、
だけど、ライヴではこの歌詞を加え、
(スタジオとは歌詞の順番を入れ替えて)
歌われているというような話のようです(詳細自信無し)

で、私がこの曲の一番好きな部分は、この歌詞の部分なんですね(笑)
これは、以前に書いた学生時代の友人が、
「お前、ライヴの歌詞の方が、すげーカッコいいと思わない?
俺は最高だと思うよ」
みたいなことをしょっちゅう言われて、
だんだんと洗脳された結果なんですが(爆)
彼の洗脳が解けた今でも好きなことには違いないんですけどね(笑)

車と女性とのダブルミーニングを使ったこの曲に、
ふと、この一節が流れ込んでくると、
とても頭の中に、不思議なイマジネーションを、
書き立てるような気持ちになってくる瞬間が好きです。

今となっては、早く来いよと、呼んでいたのは誰だったんだろう?
清志郎さんは、その風に呼ばれたんだろうか?…
なんて想いが頭の中を駆け巡ります。

あたくしがWeb拍手メッセのレスをしないのは、
一応個人のプライバシーを尊重してるからなんですが、
(コメントには必ずレスを入れることにしています)

「ドカドカうるさいR&Rバンド」で泣けると書いてくださった方へ、
書かせてくださいね(笑)、お気持ちジーンと感じます、わかります!
私も、RC時代から、この曲を聴くと、
「悲しい気分なんか ぶっとばしちまいなよ」
と歌われるほどに、どこか刹那さを抱えた大人達のブルースを感じたりしていました。
あなたの感じているタッチは、そのまま私が清志郎さんや、
RCやチャボさん達に感じているタッチと、
共感することしかりです…と思っていいですか?(笑)
ハンドルネームから察するに、
いい感じのところに住んでらっしゃるんですね、
また、いつでもお話くださいね♪


5月26日の「プチまね」です。

-------------------------------------------------

信念を保ち続けるのには、勇気と覚悟が必要です。
逆に勇気と覚悟が定まっていれば、
信念を保ち続けることができるということです。
世の中は、なにかと信念を持っている人を、
茶化したり、揶揄したり、批判したりする傾向がありますが、
それは、勇気と覚悟を放棄してしまった人が、
その人のことを羨ましがっているだけなのかもしれません。
きょうは、あなたの中に、信念の勇気と覚悟が、
どんなバランスで備わっているか、着眼してみましょう。
簡単に諦めるべきではないし、諦めなくていいのだと思います。

-------------------------------------------------

それでは、あしたもステキな一日でありますように。


←記念に押していってくださいませー

2009年05月24日

きょうのプチまね(20090525)

こんばんは。

きょうは、どんな一日でしたか?


ちょっとこころが笑顔になれた記事でした。

清志郎さんが愛される理由


5月25日の「プチまね」です。

-------------------------------------------------

ちょっとした「ものの言い方ひとつ」で、
人は人を喜ばせたり怒らせたり、哀しませたり、
楽しい気持ちにさせたりすることができます。
けど、その言い方に必要なことは、
テクニックではなく「デリカシー」なんだと思います。
小手先の表現より、こころからの気持ちから、
ひとつでも「ことば」を伝えられることができたのなら、
きょうは価値ある一日なんだと思います。

-------------------------------------------------

それでは、あしたもステキな一日でありますように。


←記念に押していってくださいませー

2009年05月23日

きょうのプチまね(20090524)

こんばんは。

きょうは、どんな一日でしたか?


きょうから上映とのことです。

忌野清志郎さんのライブ映画「不確かなメロディー」追悼上映!

「とのことです」、なんて書きながら、実は観に行ってきました。
恥ずかしながら、この作品は観る機会が無かったものでありましたので…

内容は、リンク先にて、一目瞭然なのですが、
2000年当時組んでいた、ラフィータフィーでのライヴハウスツアーでのライヴの模様や、
清志郎さんと、各メンバーへのインタビュー、オフショットなどを、
1時間半程度に凝縮したドキュメント映画の体裁を取っていました。

印象に残ったのは、小規模なライヴハウスでのツアーとうこともあり、
清志郎さんが、大御所的な態度を一切見せることなく、
賭け出しのバンドのようなパワーを放出して、
最前線で戦っている、という感じでのステージングであったり、
オフステージでの物静かで温和な物腰であったり、
(それが表向きな態度と矛盾することなく、
ひとりの人間の中に同居しているということが凄いと思う)
常に前へ、未来へと歩いて行く姿勢だったり、
人間としてもミュージシャンとしてもホントにこの人は、
「衒い」の無い素直でまっすぐな人なんだなぁ、という点でありましょうか。
まあ、ひとことでいえば「カッコいい人」ってことなんですが…

いい映画でした。ありがとうです。


そして、この記事は、色んな意味でこころ揺さぶられました…
「ずっとあれから努力してるんだ、君の不在を受け止めることを…」って…

CHABO涙…清志郎さんへ追悼の23曲



5月24日の「プチまね」です。

-------------------------------------------------

小銭貯金の経験がある方は、
一日ちょっとだけの「チャリン♪」という音を、
何ヶ月、1年と重ねていくうちに、
結構な金額になっていくという実感も、
経験されたことがあると思います。
掃除でも、勉強でも、運動でも、
一日の「ちょこっと」は、後々で大きな成果を生み出していきます。
きょうは、その「ちょこっと」ができたのだったら、
それだけで合格の一日です。
できたら、もうちょっと続けられればいいですね。

-------------------------------------------------

それでは、あしたもステキな一日でありますように。


←記念に押していってくださいませー